クレアチン 腕立て伏せ

クレアチンによる腕立て伏せの効果とは?

<腕立て伏せはどこの筋肉を鍛えることができるの?>
腕立て伏せは筋トレの中で最もポピュラーなものですが、腕立て伏せをすることでどこの筋肉が鍛えられるのか知らない人もいますよね。

 

鍛えられる筋肉は大胸筋・上腕三頭筋・三角筋・体幹の4つです。

 

大胸筋を鍛えることで胸板が厚くなるので、男の魅力がアップしますよね!

 

上腕三頭筋を鍛えると男らしくたくましい印象を与えることができますね。

 

しかし、実際に腕立て伏せをしてもなかなか効果を実感できない人もいます。

 

腕立て伏せをして筋肉をつけるなら「クレアチン」を摂取するのが最も手っ取り早い方法なんです!

 

 

<クレアチンを摂取すると腕立て伏せの効果がアップする!>
クレアチンを摂取すると筋力を発揮しやすくなる、筋力の持続時間が長くなる、筋肉が太りやすくなる、疲労を回復してくれるといった効果が期待できます。

 

腕立て伏せをする前にクレアチンを摂取すればいつもより長く腕立て伏せをすることができます。

 

腕立て伏せをした後にクレアチンを摂取すれば早く疲労を回復してくれるので、筋肉痛を軽減してくれます。

 

つまり、クレアチンを摂取して腕立て伏せをすることで効率的に筋肉を増やすことができるのです!

 

 

<腕立て伏せで最大限の効果をだすための3つのポイント>
クレアチンを摂取して腕立て伏せをしても、間違った腕立て伏せをしていたら効果は半減してしまいます。

 

正しい腕立て伏せの方法をお教えします!

 

【呼吸】
呼吸を意識することが1番大切です。

 

@腕を曲げるときに息を吸いましょう。

 

A「フゥ〜〜」と息を吐きながら腕を上げましょう。

 

筋トレでは力を入れるときに息を吐くのが基本なんです。

 

息を止めたりしないように気を付けましょう!

 

【スピード】
しっかりと筋肉をつけたいのなら「ゆっくり」腕立て伏せをしましょう。

 

スロートレーニングとも言われる方法ですが、筋肉に大きな負荷を与えることができるんです。

 

腕を持ち上げるのに1秒、下げるのに4秒の合計5秒が理想です。

 

クレアチンを摂取してスロートレーニングをすればさらに筋肉を肥大化させることができますよ♪

 

【回数】
クレアチンを摂取すれば腕立て伏せのできる回数が増えます。

 

しかし、無理をしないことが大切です。

 

無理をして筋肉にダメージを与えてしまったら元も子もありません。

 

例えば1セット10回で限界なら、そこで止めておきましょう。

 

トレーニングは続けていくうちに慣れてくるので、できる回数は自然と増えていきます。

 

焦らずに毎日続けていくことが大切ですよ♪

 

 

<腕立て伏せにおすすめのクレアチンサプリ3つを厳選!>
【DNS クレアチン】
トップアスリートも愛用しているDNSは、ヨーロッパ産である高品質のクレアチンを使用しています。

 

高品質でありながら価格を抑えているので継続しやすいですよ。

 

クレアチンのサプリの中でも最も価格が抑えられているので、まずは試してみたいという人におすすめです!

 

【バルクスポーツ クレアチン】
バルクスポーツのクレアチンは高品質なクレアチンのみを使用しています。

 

純度、混入不純物など厳重な検査をしてパスした品質の高い製品のみを販売しています。

 

そんな信頼できるサプリですが、低価格なのでDNSと同様に初めてクレアチンを試す人におすすめですよ♪

 

【ゴールドジム クレアチンパウダー】
ゴールドジムは商品の開発に現役のトップビルダーが関わっており、とても高い支持を得ています。

 

ゴールドジムの中でも人気があるクレアチンパウダーは、純度100%のクレアチンモノハイドレード(ドイツ製)を製品化した最高品質が特徴です!

 

腕立て伏せなどのトレーニングを行うときのエネルギー源となるATP(アデノシン三リン酸)を配合しています。

 

>>メタルマッスルHMBはドラッグストアに売ってる?<販売店まとめ>