メタルマッスルHMB 危険性

メタルマッスルHMBに入っている危険性のある3つの成分とは!?

<メタルマッスルHMBに配合されている成分>
メタルマッスルHMBに配合されている成分を調べました。

 

HMB、BCAA、グルタミン、クレアチン、黒生姜エキス、黒胡椒エキス、ビタミンE、フェヌグリーク、オルニチン、赤ワインポリフェノール、トンカットアリ、バイオペリン、シュリンPF、CoQ10の全部で14種類です。

 

メタルマッスルHMBには危険性のある成分は含まれていないとされていますが、本当に危険性はないのでしょうか。

 

メタルマッスルHMBの成分の中で危険性・副作用があるのではないかと心配される、3つの成分があります。

 

 

<フェヌグリークの危険性・副作用>
メタルマッスルHMBに入っているフェヌグリークは別名、フェネグリークまたはコロハと呼ばれています。

 

フェヌグリークはカレーによく使われているスパイスであり、実は私たちの食生活で身近なものなのです。

 

また、ハーブティーとして飲まれることもありますね。

 

糖尿病、高脂肪血症、更年期障害、バストアップ、PMSなど様々な効果があります。

 

しかし、フェヌグリークには以下の危険性・副作用が心配されます。

 

・妊娠中の摂取で母体に危険が伴う
・アレルギー症状
・血糖値が下がる

 

子宮を刺激して機能を高める作用があるのですが、妊娠中の摂取はよくないとされています。

 

副作用として主に下痢、吐き気などの症状があります。

 

妊娠中の人はメタルマッスルHMBを飲むのは控えた方がいいでしょう。

 

フェヌグリークに対してアレルギーを持つ人が摂取するとぜんそく、しびれ、皮膚の腫れといった症状が出てしまうこともあります。

 

また、糖尿病への効果があるため血糖値が下がることがあります。

 

 

<バイオペリンの危険性・副作用>
メタルマッスルHMBに入っているバイオペリンは黒胡椒から抽出された自然エキスであり、辛味成分のピペリンが主な成分となっています。

 

バイオペリンは筋肉、胃腸の血流を促進して酵素を活性化させる機能があるので筋力アップに効果があります。

 

バイオペリンはサプリメントで摂取する分には危険性はありませんが、医薬品と一緒に摂取すると副作用が出てしまう可能性があります。

 

飲んだ薬の血中濃度を高めてしまうので薬の種類によっては危険性があるのです!

 

薬を服用する場合は医師に相談してからメタルマッスルHMBを飲むようにしましょう。

 

 

<CoQ10の危険性・副作用>
メタルマッスルHMBに入っているCoQ10は女性になじみのある成分ですね。

 

シミやしわの解消、たるみ改善など美容とアンチエイジングに効果があります。

 

また、加齢に伴う疲労にも効果があります。

 

他にも基礎代謝を活発にしてくれるので血流量を増やして冷え症の改善、むくみの改善に効果があるとされています。

 

CoQ10はもともと体内にある成分なので安全性は高いと考えられていますし、体に合わないなどの副作用もほとんどありません。

 

しかし、危険性が伴うケースとして薬との関係があります。

 

「チーラヂンS」という薬を服用している時は注意しなければなりません!

 

チーラヂンSは甲状腺機能が低下している時に処方される薬です。

 

この薬との併用で血圧が上がったという例があります。

 

心臓がドキドキする、手が震える、汗が多く出るなどといった副作用も心配されます。

 

チーラヂンSを服用している時はメタルマッスルHMBを飲むのは控えましょう!

 

 

<メタルマッスルHMBに入っている危険性のある3つの成分とは!?:まとめ>
サプリメントは医薬品ではなく健康食品なので危険性・副作用は心配ないとされていますが、十分に注意する必要があります。

 

過剰摂取は絶対にしないようにしましょうね。

 

 

メタルマッスルHMBの1日の摂取量をしっかりと守って理想の筋肉を目指しましょう♪

 

興味のある方は公式サイトをご覧になってくださいね。

 

>>メタルマッスルHMBはこちら